よくあるご質問ラウンドアップマックスロード

効果 散布後

散布後、いつ種まきや定植ができますか?

ご使用方法はそれぞれの作物・使用場面などにより異なりますので、ご使用前にはラベルをよく読み、使用方法を守ってお使いください。

なお、散布翌日では雑草はまだ何の症状も示しませんが、主成分がすでに根まで移行していますので、耕起しても雑草が再生することはありません。

散布したが、効果がないのですが?

次のような場合に分けられます。
散布したのはいつですか?
ラウンドアップマックスロードは散布後すぐには枯れません。葉から吸収されて、根まで移行してから地上部が枯れ始めます。通常、散布2~7日後に地上部に症状が出始めます。多年生のがんこな草は少し時間がかかることがあり、また、低温条件化ではさらに時間が必要とされます。
雑草の種類に対して希釈倍率や散布時期は適切でしたか?
どのような草に何倍(水○Lに薬○ml)でいつ散布したか確認してください。 散布濃度が不十分な場合、また一部のがんこな雑草では適期に散布しないと枯れないことがあります。雑草早見表を参照してください。
薬剤が葉にきちんと付着しましたか?
ラウンドアップマックスロードは葉から吸収されますので、薬剤を葉に散布しないと枯れません。土に撒いてもまったく効果はありません。
雑草は十分に生育していましたか?
散布の前に刈り払いをしていませんか。草刈後は葉が小さく、枚数も少なくなりますので、薬量も少ししか吸収されず、根まで完全に枯らすことができません。また、一部のがんこな雑草では刈り払いにより散布適期がずれることがあります。
ほかの除草剤と混ぜて使いませんでしたか?
他の除草剤とはラウンドアップも含まれます。
葉が土やホコリで汚れていませんでしたか?
汚れていると、薬剤がその汚れに吸着し不活性化して、効果が低下してしまうことがあります。
汚れた水で希釈しませんでしたか?
水中の汚れに薬剤が吸着して、効果が低下してしまいます。
草種が代わる時に散布したのでは?
春草から夏草に代わる時(関東地方:6~7月)、に散布すると、1ヶ月ぐらいでまた草が大きくなり、効果が不十分なように見られます。これは散布後に夏草が次々と発芽し生育するためです。

散布後雨が降りましたが大丈夫ですか?

散布後1時間経てば、雨が降っても大丈夫です。
ラウンドアップマックスロードは新技術トランゾーブⅡの採用で、従来のラウンドアップと比べて散布後の雨にさらに強くなりました。従来のラウンドアップが散布後6時間以内の降雨で効果の劣る場合があったのに対し、ラウンドアップマックスロードなら散布から1時間経てば雨が降っても大丈夫と大幅に改善されています。