希釈タイプ

甘藷マルチ栽培の畝間

これから畝間除草は年1回だけ!甘藷マルチ栽培

  1. 散布前

    散布前

  2. 散布後13日

    散布後13日

ラウンドアップマックスロードならこんなに便利!

かんしょ畝間の雑草防除!

タデ、スベリヒユ、イヌガラシといった畝間の問題雑草も、

優れた吸収力で根までしっかり枯らして再生させないので、
年1回の散布で充分防除できます。

雑草の再生を抑えるから年1回で済む!

かんしょの栽培場面においてしばしば発生するタデ、スベリヒユ、イヌガラシといった雑草は地上部だけ枯らしても再生の可能性があります。ラウンドアップマックスロードならこれらの雑草をしっかりと根まで枯らし再生をおさえます。

  • タデタデ
  • スベリヒユスベリヒユ
  • イヌガラシイヌガラシ

マルチ栽培で、植え付け後に伸長したつるでカバ一され 除草が不要になるまでに必要な散布回数 1回

低水量で労力の軽減、低薬量で経済的です!

10a あたり水量25~50l、薬量200~500 mlで、しっかり枯らします。

突然の雨でも!

散布後1時間たてば、その後雨が降っても大丈夫です。

ツルやマルチに飛散しないようご注意ください

カバー付ラウンドノズル 中が見える[みえ~る]がおすすめ!

カバー付ラウンドノズル
中が見える[みえ~る]がおすすめ!

  • 必ず「ラウンドノズル」をご使用ください

    雑草が生え揃い、草丈が作物よりも低い時期に、カバー付ノズルを使用して作物やマルチに飛散(薬害)しないように散布する。

    ラウンドアップマックスロードは非選択性茎葉処理移行型除草剤です。薬液が僅かでも作物に付着した場合、薬害を起こす可能性がありますので十分注意して散布してください。

2018年2月現在

農薬登録内容

作物名 適用雑草名 使用時期 10アール当り使用量 本剤の
使用回数
使用方法 グリホサートを含む
農薬の総使用回数
薬量(ml) 希釈水量(l)
かんしょ
一年生雑草
耕起前又は挿苗前まで
(雑草生育期)
200~500
通常散布
50~100
少量散布
25~50
2回
雑草茎葉散布
2回以内
かんしょ
一年生雑草
収穫60日前まで
(雑草生育期:畦間処理)
200~500
通常散布
50~100
少量散布
25~50
2回
雑草茎葉散布
2回以内