希釈タイプ

麦耕起前

麦の収量を増やしたい!

雑草対策は“既発生雑草”の除草がポイント!

  • 耕起→土壌処理剤*耕起→土壌処理剤*
  • ラウンドアップマックスロード 耕起前散布→翌日耕起→土壌処理剤*ラウンドアップマックスロード 耕起前散布→翌日耕起→土壌処理剤*

播種106日後この差!

抵抗性スズメノテッポウに効果が高いと評価されている土壌処理剤
試験:( 公財)日本植物調節剤研究協会福岡試験地(2014)

既発生雑草を減らすには!

耕起しても既発生雑草は土中で生き残ることがあリます 残ってしまった既発生雑草
耕起前に根まで枯らすことが大切です!

耕起では、既発生雑草を十分に枯らせないため、播種後に土壌処理剤で防除しても、土中で生き残ったスズメノテッポウ等を抑えられないことがあります。

ラウンドアップマックスロードによる

麦の耕起前雑草防除のメリット!

既発生雑草を根まで枯らし再生させない!

耕起・土壌処理剤だけでは枯れ残る既発生の抵抗性雑草も、ラウンドアップマックスロードの耕起前防除で根までしっかりと枯らし再生させません。

体系防除で雑草の発生をしっかり抑える!

ラウンドアップマックスロードで耕起前防除すれば、その後の耕起と土壌処理剤との体系防除で、雑草の発生を長期間防ぎます。

体系防除で株間雑草もしっかり抑える!

*抵抗性スズメノテッポウに効果が高いと評価されている土壌処理剤

耕起前日まで使える!

散布翌日では雑草はまだなんの症状も示しませんが、薬液はしっかり吸収され根まで移行しているので、耕起しても雑草埋没株が再生することはありません。
多忙な時期に余裕をもってご使用いただけます。

突然の雨でも!

従来のラウンドアップが散布後6時間以内の降雨で効果が劣る場合があったのに対して、ラウンドアップマックスロードなら散布から1時間たてばその後雨が降っても大丈夫です。

低温時に強い!

雑草の葉が緑色であれば、秋の低温時でも安定した効果を発揮します。
尚、低温時は雑草体内をゆっくりと移行するため、高温時に比べ、枯れるまでに多少時間がかかります

2018年2月現在

農薬登録内容

作物名 適用場所 適用雑草名 使用時期 10アール当り使用量 本剤の
使用回数
使用方法 グリホサートを含む
農薬の総使用回数
薬量(ml) 希釈水量(l)
麦類
一年生雑草
耕起前又は
は種前まで
(雑草生育期)
500
5~25
3回以内
雑草茎葉散布
3回以内
麦類
一年生雑草及び
多年生イネ科雑草
耕起前又は
は種前まで
(雑草生育期)
200~500
通常散布
50~100
少量散布
25~50
3回以内
雑草茎葉散布
3回以内
麦類
一年生雑草及び
多年生イネ科雑草
は種後出芽前
(雑草生育期)
200~500
通常散布
50~100
少量散布
25~50
3回以内
雑草茎葉散布
3回以内
麦類
圃場内の周縁部
一年生雑草
収穫前日まで
(雑草生育期)
200~500
通常散布
50~100
少量散布
25~50
3回以内
雑草茎葉散布
3回以内