希釈タイプ

果樹園のマルバツユクサ

100倍液でマルバツユクサの根まで枯らす!

宮崎大学農学部にて実証

マルバツユクサの生態および防除に関する研究 〔松尾光弘講師〕

マルバツユクサの生態および防除に関する研究

初年度翌年

宮崎大学農学部にて実証!

100倍液処理によるマルバツユクサの完全防除

ラウンドアップマックスロード100 倍液処理による
マルバツユクサ被度の推移(2007年~2008 年)

マルバツユクサ被度の推移マルバツユクサ被度の推移

マルバツユクサ被度の推移マルバツユクサ被度の推移

マルバツユクサへの効果的な使い方

check使用条件

  • 100倍液をていねいに散布すること。
  • 草丈30㎝以下のものに散布すること。
  • 年に2回(6月頃、8月頃)に散布すること。
  • 2年間連用すること。

1年目2年目共通

草丈30㎝以下、適期目安6月 1回目の散布 しばらくたつと別の種から新たに発生します。草丈30㎝以下、適期目安8月 2回目の散布

2018年2月現在

農薬登録内容

作物名 適用雑草名 使用時期 10アール当り使用量 本剤の
使用回数
使用方法 グリホサートを含む
農薬の総使用回数
薬量(ml) 希釈水量(l)
果樹類
(かんきつを除く)
マルバツユクサ
収穫7日前まで
(雑草生育期)
500~1500
通常散布
50~100
少量散布
25~50
3回以内
雑草茎葉散布
3回以内
かんきつ
マルバツユクサ
収穫7日前まで
(雑草生育期)
200~500
通常散布
50~100
少量散布
25~50
5回以内
雑草茎葉散布
5回以内