希釈タイプ

水稲耕起前

スズメノテッポウ等 耕起前に、しっかり枯らす!

水稲耕起前除草のメリット!

スズメノテッポウ

スズメノテッポウ

水田のやっかいな雑草、例えばスズメノテッポウ等にお困りではありませんか?
活性成分の吸収力が違うラウンドアップマックスロードを耕起前に散布すれば、そうした難防除雑草も根までしっかり枯らせます。

ラウンドアップマックスロードによる

水稲耕起前雑草防除のメリット!

水田の問題雑草を耕起前にしっかり枯らす!

100倍液を散布すると、スズメノテッポウ、タネツケバナなどを根まで枯らします。
又、コウキヤガラ、キハマスゲ(ショクヨウカヤツリ)など早春に発生する難防除の多年生雑草も50倍液散布で枯らします。

※詳しくはラベルをよく読んでご使用ください

  • スズメノテッポウスズメノテッポウ
  • タネツケバナタネツケバナ
  • コウキヤガラ (キハマスゲもこの時期は同じように見えます)コウキヤガラ(キハマスゲもこの時期は同じように見えます)

田植え時の植え付け精度が向上!

田植え後、雑草の浮き株が風に流されて稲を押し倒すことが無くなります。

耕起前日まで使える!

耕起前日まで使える!

低温時に強い!

雑草の葉が緑色であれば、早春の低温時でも安定した効果を発揮します。
尚、低温時は高温時に比べ、枯れるまでに多少時間がかかります。

2018年2月現在

農薬登録内容

作物名 適用雑草名 使用時期 10アール当り使用量 本剤の
使用回数
使用方法 グリホサートを含む
農薬の総使用回数
薬量(ml) 希釈水量(l)
水田作物
(水稲を除く)
一年生及び
多年生雑草
耕起前(雑草生育期)
200~500
通常散布
50~100
少量散布
25~50
1回
雑草茎葉散布
1回
移植水稲
一年生及び
多年生雑草
耕起前(雑草生育期)
200~500
通常散布
50~100
少量散布
25~50
1回
雑草茎葉散布
1回
直播水稲
一年生及び
多年生雑草
耕起前(雑草生育期)
200~500
通常散布
50~100
少量散布
25~50
1回
雑草茎葉散布
耕起栽培は2回以内(耕起前は1回以内)、乾田不耕起栽培は2回以内
直播水稲
一年生及び
多年生雑草
耕起直後~出芽前
(雑草生育期)
(乾田耕起栽培)
200~500
少量散布
25~50
2回以内
雑草茎葉散布
耕起栽培は2回以内(耕起前は1回以内)、乾田不耕起栽培は2回以内
直播水稲
一年生及び
多年生雑草
は種30日前~出芽前
(雑草生育期)
(乾田不耕起栽培)
200~500
少量散布
25~50
2回以内
雑草茎葉散布
耕起栽培は2回以内(耕起前は1回以内)、乾田不耕起栽培は2回以内